卓球上達の奥義クリックすると「ooe卓球の格言」を表示しますイラスト作者は「コトコト」さん
 卓球が好きですか。卓球の上達法は卓球を好きになることです。
 卓球のボールを優しく見つめ、心を込めて打つのです。すると思いが通じて自分の意思がボールに伝わって思った所に入りますよ。入るというより入るように上達するという方が正確です。
 これは、本当です。ボールをしっかりと見つめる、しかも心をこめてですよ。これが大事なのです。そして、どこに打つということをしっかりとボールに伝えるのです。しかし、思いは通じないこともあります。それを何度も何度も思い続けることで、いつしか思いが通じます。これが、卓球上達の奥義なのです。
 一端、思いが通じると相思相愛ですから、次々と技が広がり卓球は上達することになるのです。だから、まず卓球を好きになることが大事なのです。
卓球の技術とは
 卓球の技術をマスターするには、基本となる瞬間の判断力が重要です。実はそれには練習をするしかないのですが、それでは理解できません。技の真髄に到達するには長い時間が必要になってきます。
 効率的に卓球の技を確立するには、技を体得した者が自己の体験から仮説を立て検証して、実践して確立したスタイルが技の理論です。それをベースに練習することで効率的に技術が向上します。
 私はペンホルダーですが基本はシェークも同じです。手首、肘と腰が均衡がとれるようになることが肝心です。特に、手首の使い方をいかにマスターするかが安定感を増し、上達のコツであると確信しています。(基本のグリップ=卓球王国にリンク