戻る]                    粒高対策について
●粒高ラバーへの攻略について (ちゃれんじゃー)

粒高の特性はツブが高いのでグリップ力が低く、ボールがスリップします。そのため、ボールの回転に影響を受けにくく粒高で打つ攻撃も安定させにくいものです。
粒高相手に回転をかけるとスリップにより通常と逆回転になります。(下回転を出せば返球は上回転となります)
また、強い回転のサービスを出せば強い回転の返球、弱い回転でサービスを出せば弱い回転の返球、というのが基本的な考え方です。

その対策ですが、
対策1.サービスはフォア側・バック側へと大きくコースでゆさぶる。
   (体の正面は絶対ダメ)
対策2.サービスはロングサービスを多く使いましょう。
対策3.ラリーのときは1球でも粘ること、まずは安定した返球。
   (チャンスボールは失敗を恐れず攻撃)
対策4.粒高ショート主戦には、台上のプレーで勝負しない。
   (左右に大きく深く打ち、相手にコースで先手を取らせない)
などがあります。

サービス・レシーブで相手の球の回転がどちらになるか、つねに考えておく、くせをつけておくことです。
粒高ショート主戦は、フォアが苦手という人もいます。(フォアスマッシュの確率が低いなど)
粒高ラバーは慣れると弱点も多く、戦いやすいラバーです。苦手と考えず、早く慣れることです。


●粒高攻略法 (粒マニア)

粒高に対するレシーブとしては、上下回転で攻めていくことを勧めします。その方がぶれて返ってくることが少なく、3球目でねらいやすいと思います。それに加えて、ナックルサーブも出せれば戦術の幅が広がります。

横回転を出すと危険というわけではないですが、渡る橋は安全な方がよいのです。
しかし、粒高ラバーも同様に回転の変化は受けるので、ここ一番!!というときには自信を持って横回転サーブを出して、相手を困惑させるのでも良いと思います。

●粒高には温泉卓球 (みっちゃんパパ)

粒高対策で、私は温泉卓球戦法と言っているのですが、ナックルサーブや軽く奥にもっていくレシーブは、粒が倒れにくく、かなり有効です。レシーブが粒高一辺倒の選手には、これで十分通用しますが、シェークなら反転、ペンなら裏面で、裏ソフトでドライブ・強打を打たれると難しくなりますから要注意です。

ラバーはF面にタキファイアSS、B面にスピーディP.OSを使っているのですが、鍵を握っているのですが、B面のスピーディP.OSのサーブの使い方だと考えています。
そのサーブですが、バックのスピードロングサーブを更に速くすることです。サーブの成功率を犠牲にすれば、かなりスピードがでるので、それを角度をつけて、確率を高めていけば、なんとかなると思っています。エースを狙うのですが、返ってきても、表ソフトで打ってそんなには回転はかかっていないので、リスクは少ないと思います。
フォアのクロスのしゃがみ込みサーブを曲げる練習しています。このサーブは、曲がって厳しいコースにくるとかなり有効と思います。

その他、大江先生の言われるとおりで、スポ少の先生も粒高には相手を一歩動かす返球をするように言われていました。

●粒高との対戦 (メガドラ)

下回転のサーブを出して、粒高の相手がツッツキをしてきたら大体ナックルになると思うので、かぶせて叩くとネットミスしてしまいます。(相手の粒高ラバーのタイプにもよりますが)
裏ラバーでツッツキされたのをドライブする時より、かぶせ気味にしてドライブを打つと上手く打てます。自分はそう打っています。
相手がレシーブを強弱つけながら時に強打も打つ方の場合は、左右に相手を振りながら粘りチャンスボールを待っています。
しかし、自分がどんな回転のサーブを出すかによって相手のレシーブの回転がかなり変わってくるので、相手のツッツキやドライブのフォームだけで回転を絞るのは難しいですね。
結局粒高相手は慣れが重要だと思います。

●粒高攻略 (メガドラ)

横回転気味やあまり切れていないカットでしたら、いつもより角度をかぶせて打てばよいと思います。相手があまり攻撃してこないタイプなら、山なりの軌道になるように意識してチャンスボールを打っていくのがよいと思います。

相手が積極的に攻撃してくるタイプなら、スピードドライブとループドライブをなるべくバレにくく打ったり、ストップして次は深くドライブなどが考えられます。

決め球はミドルを基準にして、相手が山を張って予測してくるようだとサイドを切っていくなどの工夫も必要です。